Outlook(アウトルック)2016にドメインメールのアカウントを設定する方法


Outlookにドメインメールのアカウントを追加する方法

Outlook(アウトルック)2016にドメインメールのアカウントを設定する方法
Outlook(アウトルック)2016にドメインメールを設定する時の方法をご紹介します。
アウトルック(Outlook)2016では、アカウント追加画面のデザインと設定の順番が変更されました。
資料を見ないで設定していたところエラーが発生したと表示されました…。
アウトルックご愛用者様に是非ご参考にしていただければと思います。
※今回はPOP3での取得です。

ドメインメール設定方法

アウトルックを起動する

アカウントを追加したいパソコンでoutlook(アウトルック)2016を開いてください。
もし場所がわからない場合、windows10でしたら以下の手順で探してみてください。

アカウントの追加画面を開く

画面左上のタブ「ファイル」をクリックし、「アカウントの追加」をクリックしましょう。

メールアドレスを入力し、手動設定にチェックを付ける

「outlook2016へようこそ」が出たら、ドメインメールのメールアドレスを入力しましょう。
入力欄のすぐ下にある「詳細オプション」をクリックし、「自分で自分のアカウントを手動で設定」のチェックボックスにチェックを入れます。

接続ボタンをクリックしましょう。

アカウントの種類を選択

ドメインメールの場合、POPかIMAPを選択します。
今回はPOPで設定しますので、下の段の真ん中のPOPをクリックします。

受信メールと送信メールの設定を追加

受信メールサーバー

受信メールサーバーを入力し、ポート番号部分にはPOP3の「110」を入力しましょう。

送信メールサーバー

送信メールサーバーにも入力し、ポート番号はPOP3の「587」を入力しましょう。

【ここ重要】受信メールサーバーのチェックボックスに注意!

私が設定で躓いていたのはここでした。
送受信のメールサーバー設定画面にチェックボックスがありますが、受信メールサーバーの「このサーバーでは暗号化された接続(SSL/TLS)が必要」のチェックを外してください
※外さないと問題が発生しましたと何度もやり直しになります。

チェックを外したら、接続ボタンをクリックしてください。

ユーザー名とパスワードを入力

接続がうまくいけば、次にユーザー名とパスワードを入力するダイアログが表示されます。
hetemlのようにユーザー名がアドレスと同じ場合でしたらユーザー名はそのまま。ユーザー名がアドレスと違う場合は入力し直してくださいね。
パスワードをパスワード一覧に保存のチェックボックスにチェックをつけ、OKボタンをクリックしましょう。

インターネットセキュリティ警告を「はい」する

上記のよう「このサーバーの使用を続けますか?」と出ましたら「はい」をクリックしてください。

「アカウントのセットアップが完了しました」の表示

全ての接続が完了すると、「アカウントのセットアップが完了しました」と表示されます。
「Outlook mobileをスマートフォンにも設定する」のチェックボックスは外し、OKボタンをクリックしてください。
※使用する方はチェックをつけたままOKをクリックです。

最後に自分のドメインメール宛に送受信テストをしましょう。

接続が完了したとはいえ、メールが実際に遅れるかどうか確認しておく必要がありますね。
新規メール作成画面で、今追加したアドレス宛にテストメールを送りましょう。
自分から自分へ送り、送信も受信もできたら完了です!